スニーカー通信

赤ちゃんの便秘を解消するなら

便秘の原因はなに?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

赤ちゃん便秘

 

 

1日に何度もおむつを替えるママにとっては、うんちこそが「赤ちゃんが健康かどうかをみるバロメータ」。

 

 

ですから、数日うんちが出なくなると(便秘かな?!)と心配になってしまいますよね。

 

 

新生児の便秘の原因はいくつかあると言われていますが、一般的に多いと言われているのは以下の2つ!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 母乳育児からミルク育児への移行など栄養の変化

 

 

母乳はミルクに比べ消化が良く、母乳で育っている赤ちゃんは比較的にうんちの回数が多いと言われています。

 

 

飲む回数分うんちをする赤ちゃんも多く、1日10回以上出る子も!

 

 

ただ母乳が足りなかったり、ミルクと混合にし始めたりすると消化時間が以前よりかかるので、赤ちゃんが便秘になる場合もあります。

 

 

ただ何日出ないから便秘、浣腸をしなくてはいけないという基準はなく、それまでの頻度と赤ちゃんの様子から総合的に判断する必要があります。

 

 

 

 

 運動量や母乳量の減少

 

 

自分で運動量をコントロールできない赤ちゃんには腸の動きを良くするマッサージなどが効果的です。

 

 

また母乳不足に関しては、胃に入る量が少なければ出る量も少なくなってしまいますよね。

 

 

母乳の出には食事内容や生活習慣、ストレスなどが大きく影響しますので改善できる点は改善して、まずは母乳の出を良くしていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの便秘を解消するには?

 

笑う赤ちゃん

 

 

ここでは便秘解消に役立つケア方法をいくつかご紹介します。

 

 

 

 

1. お腹マッサージ

 

 

お風呂上りのリラックスした時にベビーオイルや滑りの良いクリームなどをママの手にのばし、赤ちゃんのおへそを中心に「の」の字を書く様に時計回りにマッサージします。

 

 

あくまでも優しく撫でるようにマッサージする事が大切でお腹を強く押さないようにしましょう。

 

 

そして最後にお腹両脇のお肉を、そっとおへその下に寄せるように撫でマッサージをしましょう。

 

 

 

 

2. ペダル運動

 

 

1日数回で良いので、赤ちゃんの脚を優しく包み持ちペダルをこぐ風に動かしてあげたり、膝でハートを描く様に股関節を動かしてあげるストレッチも良いでしょう。

 

 

また、腹ばいになれるようであれば、起きている時に腹ばいにさせて腹筋や背筋んを使う様にさせてあげるのも良いでしょう。

 

 

 

 

3. 綿棒で肛門を刺激する

 

 

綿棒にベビーオイルやワセリンを塗り、膨らんでいる部分を肛門に差し込んで刺激してあげます。

 

 

赤ちゃん用の綿棒が先が細く尖って当たると痛いので、できたら大人用の綿棒を使い使用前に少し先をボサボサにしておいてあげましょう。

 

 

ただこれはあまりやりすぎるとクセになるので、マッサージや運動をしても便が出ない時の最終手段にしましょう。

 

 

 

 

4. 糖水、マルツエキスを飲ませる

 

 

生後2か月くらいまでの赤ちゃんであれば、薄めの砂糖水・白湯を飲ませてみましょう。

 

 

 

【作り方】

 

 

小さじ1またはスティックシュガー1本を哺乳瓶に入れて60mlの湯冷ましを注ぎます。

 

 

これを1日1回あげてみて下さい。

 

 

またマルツエキスは麦芽糖の醗酵エキスを含んでおり腸の運動を活発にしてくれます。

 

 

これは水飴の様なものですが、これも決められた分量を湯冷ましで薄めて使用して下さい。

 

 

最近ではスティック状のものも出ているので、とっても使い勝手が良いです。

 

 

 

 

5. プルーンでお通じを良くする

 

 

3カ月を過ぎる頃になれば、離乳食から便秘を解消できる事もあります。

 

 

例えばプルーン100%のシュースがあるので、これを湯冷ましで割って見て下さい。

 

 

また4か月くらいになったら、プルーンペーストをあげても良いでしょう。

 

 

甘くてぽってりしているので、赤ちゃんも喜んで食べてくれると思います。^^

 

 

 

ここまで便秘解消に役立つ5つの方法をみてきいましたが、簡単な方法で早く治したいという人はオリゴ糖を利用するのも良いでしょう。

 

 

家はカイテキオリゴというオリゴ糖を使っていたのですが面白いほどツリルと出ます。

 

 

笑う赤ちゃん

 

 

北海道産のてん菜から天然抽出した高純度のオリゴ糖で無理なく腸内環境を整えていくことができます。

 

 

病院の先生や助産婦さんも推薦するくらいなので安心して飲ませることができるのも良いですね☆

 

 

使い方は簡単で、1日1~5gを飲み物や離乳食に混ぜてあげるだけ!

 

 

笑う赤ちゃん

 

 

授乳中のわたしも便秘になった時はお世話になりました(^^)

 

 

お腹がスッキリすると機嫌も良くなりますし、夜鳴きも減るのでいい事だらけですよ♪

 

 

>>赤ちゃんの便秘解消No.1!【カイテキオリゴ】
『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

便秘・下痢
うんちが出ない、出てもかたい、下痢っぽいなどの症状に対する原因と対処法を紹介。
吐く
おっぱいやミルクを飲んだ後、離乳食を食べたあとに赤ちゃんが噴水のように吐いてしまう場合があります。
原因と対処法をお伝えします。
誤飲
おもちゃやティッシュ、風船やあめ玉など、何でも口に入れてしまう幼少期。
その予防策と対処法を見ていきましょう。
低体温
赤ちゃんの体が驚くほど冷たくなることがありますが、体温が下がると色々な病気にかかりやすくなります。
この低体温の原因と改善方法を見ていきましょう。
鼻水・鼻づまり
鼻水が出ていたり、鼻づまりが起きたりすると赤ちゃんはとっても苦しそう。
.原因を探り、それぞれの症状を改善していきましょう。
頭をぶつけた
程度の違いはあれど、これも殆どの赤ちゃんが出くわすアクシデントの
一つではないでしょうか。頭をぶつけた時の対処法と予防策を見ていきましょう。
口臭
歯がないor小さな歯が数本ある程度の可愛いお口の赤ちゃんですが、
口臭は一人前だったりしますよね。その可愛いお口にまとわりつく嫌~な口臭の原因を探り、 口臭解消・予防をしていきましょう。
受け口
下あごがでていたり、噛み合わせが悪いことから起こる受け口。
受け口のタイプと対処法について解説します。
抜け毛
髪がなかなか生えそろわない薄毛の赤ちゃん。
そんなベビーの抜け毛原因と対処法に迫ります。
動物・アレルギー
犬や猫を飼っているママもいるかと思いますが、赤ちゃんへの影響が少し気になりますよね。
動物を飼っているご家庭の注意点やアレルギーについて見ていきましょう。
向き癖
いつも同じ方を向を向いて寝ている赤ちゃんに起こりがちな向き癖。
下になっている方の頭に圧がかかり、頭が凹んだ様になってしまう事も。
ここでは向き癖の原因と対策に迫ります。
おむつかぶれ
大抵の赤ちゃんが経験するおむつかぶれ。
その原因とケア、予防法について見ていきます。
中耳炎
赤ちゃんに多い中耳炎の原因と対処法について見ていきましょう。
あせも
くびれに出来やすい「あせも」の原因と対策法をご紹介します。
耳掃除
小さくてかわいい赤ちゃんの耳掃除についてお伝えします。
股関節脱臼
赤ちゃんに多くみられる股関節脱臼。
原因と予防法はいかに?
ダニ
お肌にも健康にも優しくないダニから赤ちゃんを守る方法をご紹介。
げっぷ
赤ちゃんの吐き戻しや不快感を避けるための「げっぷの出し方」をご紹介。
喘息
近年、多くの赤ちゃんに見られる喘息の確認方法と自宅でのケアをご紹介します。
血尿
赤ちゃんの血尿について書いております。
あざ
赤ちゃんの体のあちこちに見られる赤や青などの様々なあざについて。
泣き声
元気な証拠である赤ちゃんの泣き声について書いています。
指しゃぶり
なかなか止めてくれない指しゃぶりの原因と対応について。
爪切り
小さくて可愛らしい赤ちゃんの爪のケア方法について書いています。
耳だれ
耳から垂れてくる黄色く臭い耳だれについてみていきましょう。
発熱
赤ちゃんの発熱の目安と症状、ホームケアについて。
歯磨
赤ちゃんの歯磨きの時期を成長段階と共に解説します。
寄り目・斜視
目の焦点が合ってない、黒目が内側に入り過ぎてるんじゃないか?
と心配になる斜視について
でべそ
ぽっとりと飛び出した形の「でべそ」について
しゃっくり
赤ちゃんのしゃっくりの原因と止める方法について