スニーカー通信

赤ちゃんが何かを口につまらせた?

赤ちゃん誤飲の現状

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

赤ちゃん誤飲

 

 

「あっ!」と思った瞬間に何かを口に入れてゴックンと飲み込んでしまった、目を離したすきに何かを飲み込んでしまったのか呼吸がおかしくなった。

 

 

この様な赤ちゃんの誤飲は、一番怖い事故の一つですよね。

 

 

東京消防庁の記録によると、平成19年から平成23年までの5年間に、誤飲や窒息で緊急搬送された幼児はなんと5,739人。

 

 

これは救急車で医療機関に運ばれる幼児全体の約1割強にあたります。

 

 

日々平和だと、(まさか、うちの子がねぇ。。)などと思いがちですが、その意識を(うちの子にも起こりうるわ!)に変えていきましょう。

 

 

楽しい夕食の最中にプチトマトを飲み込んで窒息してしまった!というケースもあるので決して他人事ではないですよね。

 

 

トイレットペーパーの芯を通る大きさの物なら全て誤飲の対象になるのですから「うちの子」にもかなりの確率で起きうる事故なのです。

 

 

スポンサードリンク

誤飲の原因と危険物

 

 

笑う赤ちゃん

 

 

赤ちゃんは生後5か月くらいから物を掴むことが出来るようになり、1歳3カ月くらいまでは「掴んだものは口に入れる」という行動をとります。

 

 

さらに、手が器用になってきて、物への興味も湧いてくると誤飲の可能性も高くなります。

 

 

起きている間は床の上にいる事の多い赤ちゃんですが、床の上にあるもの全てが誤飲の対象となり得るので注意しなければなりません。

 

 

東京消防庁によれば赤ちゃんがティッシュペーパーを誤飲したという状況は日常生活で100%の確立で起こるり得るという事です。

 

 

誤飲で色々な物を飲み込んでしまう可能性がある中で、特に危険が高いといわれている物は以下の3つです。

 

 

 

 

 電池

 

胃の中まで落ちてしまえばそれほど危なくないのですが、食道でつまってしまうと、粘膜がただれたり、大動脈に穴が開いて命に関わるくらい危険な状態になることも。

 

 

 

 

 灯油

 

胃から弱流する時に肺に入りひどい肺炎になる場合があります。

 

 

 

 

 キャンドル

 

灯油と同様、ひどい肺炎を引き起こします。

 

 

 

 

また、万が一のことを考えて離乳食など食べ物を与える際にも小さくつぶしたり切ったりしてあげましょう。

 

 

そして、誤飲が一番起こりやすいといわれている時間帯は17:00~21:00だといわれています。

 

 

夕方から就寝までの「まったり時間」が実は「危険時間」ということを覚えておきましょう。

 

 

赤ちゃんが無事眠りにつくまで、目を光らせてしっかり周囲をチェックしていきたいですね。

 

 

スポンサードリンク

誤飲が起こってしまったら?

 

飲んだもの、飲んだ状況、赤ちゃんの状態によって対応は異なります。

 

 

「病院へ行った方がいいの?」

 

「救急車を呼んだ方がいいの?」

 

 

迷ったらまずは小児救急医療電話相談窓口【#8000】に連絡して下さい。

 

 

全国どこにいてもこの番号にかければ住んでいる都道府県の窓口に転送してくれます。

 

対応時間帯は場所によって異なるので詳しくは以下をご覧ください。

 

北海道

青森

岩手

秋田

宮城

山形

福島

神奈川

東京

埼玉

千葉

茨城

栃木

群馬

新潟

富山

石川

福井

長野

山梨

静岡

愛知

岐阜

三重

大阪

兵庫県

京都府

滋賀県

奈良県

和歌山県

岡山県

広島県

鳥取県

島根県

山口県

香川県

徳島県

愛媛県

高知県

福岡県

佐賀県

長崎県

大分県

熊本県

宮崎県

鹿児島県

沖縄県

-

 

 

スポンサードリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

便秘・下痢
うんちが出ない、出てもかたい、下痢っぽいなどの症状に対する原因と対処法を紹介。
吐く
おっぱいやミルクを飲んだ後、離乳食を食べたあとに赤ちゃんが噴水のように吐いてしまう場合があります。
原因と対処法をお伝えします。
低体温
赤ちゃんの体が驚くほど冷たくなることがありますが、体温が下がると色々な病気にかかりやすくなります。
この低体温の原因と改善方法を見ていきましょう。
鼻水・鼻づまり
鼻水が出ていたり、鼻づまりが起きたりすると赤ちゃんはとっても苦しそう。
.原因を探り、それぞれの症状を改善していきましょう。
頭をぶつけた
程度の違いはあれど、これも殆どの赤ちゃんが出くわすアクシデントの
一つではないでしょうか。頭をぶつけた時の対処法と予防策を見ていきましょう。
口臭
歯がないor小さな歯が数本ある程度の可愛いお口の赤ちゃんですが、
口臭は一人前だったりしますよね。その可愛いお口にまとわりつく嫌~な口臭の原因を探り、 口臭解消・予防をしていきましょう。
受け口
下あごがでていたり、噛み合わせが悪いことから起こる受け口。
受け口のタイプと対処法について解説します。
抜け毛
髪がなかなか生えそろわない薄毛の赤ちゃん。
そんなベビーの抜け毛原因と対処法に迫ります。
動物・アレルギー
犬や猫を飼っているママもいるかと思いますが、赤ちゃんへの影響が少し気になりますよね。
動物を飼っているご家庭の注意点やアレルギーについて見ていきましょう。
向き癖
いつも同じ方を向を向いて寝ている赤ちゃんに起こりがちな向き癖。
下になっている方の頭に圧がかかり、頭が凹んだ様になってしまう事も。
ここでは向き癖の原因と対策に迫ります。
おむつかぶれ
大抵の赤ちゃんが経験するおむつかぶれ。
その原因とケア、予防法について見ていきます。
中耳炎
赤ちゃんに多い中耳炎の原因と対処法について見ていきましょう。
便秘
うんちの回数がめっきり減ってしまった等の便秘の悩みについて解説します。
原因と対処法を理解して、スッキリ毎日を過ごしましょう。
あせも
くびれに出来やすい「あせも」の原因と対策法をご紹介します。
耳掃除
小さくてかわいい赤ちゃんの耳掃除についてお伝えします。
股関節脱臼
赤ちゃんに多くみられる股関節脱臼。
原因と予防法はいかに?
ダニ
お肌にも健康にも優しくないダニから赤ちゃんを守る方法をご紹介。
げっぷ
赤ちゃんの吐き戻しや不快感を避けるための「げっぷの出し方」をご紹介。
喘息
近年、多くの赤ちゃんに見られる喘息の確認方法と自宅でのケアをご紹介します。
血尿
赤ちゃんの血尿について書いております。
あざ
赤ちゃんの体のあちこちに見られる赤や青などの様々なあざについて。
泣き声
元気な証拠である赤ちゃんの泣き声について書いています。
指しゃぶり
なかなか止めてくれない指しゃぶりの原因と対応について。
爪切り
小さくて可愛らしい赤ちゃんの爪のケア方法について書いています。
耳だれ
耳から垂れてくる黄色く臭い耳だれについてみていきましょう。
発熱
赤ちゃんの発熱の目安と症状、ホームケアについて。
歯磨
赤ちゃんの歯磨きの時期を成長段階と共に解説します。
寄り目・斜視
目の焦点が合ってない、黒目が内側に入り過ぎてるんじゃないか?
と心配になる斜視について
でべそ
ぽっとりと飛び出した形の「でべそ」について
しゃっくり
赤ちゃんのしゃっくりの原因と止める方法について