スニーカー通信

股関節脱臼を防ぐには

股関節脱臼ってなに?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

赤ちゃん股関節脱臼

 

 

股関節脱臼とは股関節の骨が、大本の骨盤から完全に外れてしまう病気の事です。

 

 

先天性と後天性があり、先天性は3ヶ月検診辺りで発見されることが多いと言われています。

 

 

実際には後天性のケースの方が多く、逆子で生まれるなど、出産が原因で脱臼になる場合も!

 

 

また、男の子より女の子に多くみられると言われています。

 

 

スポンサードリンク

股関節脱臼をチェックしよう!

 

赤ちゃん股関節脱臼

 

 

骨が骨盤から外れると聞いただけで痛い感じがしますが、赤ちゃんは痛いという事が出来ないので大人が注意深く見てあげなくてはりません。

 

 

以下の項目で今一度、股関節の状態をチェックしてみましょう。

 

 

 脚をM字に立ててみた時に両方の高さが違うかどうか。脱臼していると、そちらの脚が低くなるといわれています。

 

 

 寝かせた状態で股をM字に開いて膝を床に優しく付けるようにした際に膝が床から15cm以上浮いているかどうか

 

 

 両脚を伸ばしてみた時に脚の長さが同じかどうか。脱臼している方の脚が短くなる傾向があります。

 

 

 太もものシワが同じ様についていているかどうか。普通は左右が対象になるようについているので、ここに異変が見られたら股関節脱臼の可能性があるかもしれません。

 

 

 脚を引きずるようにして歩いていているかどうか。脱臼している方の脚をかばいながら歩いている可能性があります。

 

 

 おむつを換える時など脚を開くときに「コリッ」と音がするかどうか

 

 

 いつも首が斜めになっているかどうか

 

 

 背中の線が明らかに曲がっているかどうか

 

 

以上で1つでも当てはまるものがあれば早めに小児整形外科を受診して診てもらいましょう。

 

 

スポンサードリンク

股関節脱臼を予防しよう

 

笑う赤ちゃん

 

 

ほんの些細なことですが以下を心がけるだけで、股関節脱臼のリスクを減らすことが出来ます。

 

 

さぁ、赤ちゃんの笑顔の為に頑張っていきましょう。^^

 

 

 

 

 股関節の動きを邪魔しない様におむつを当てる

 

 

漏れないようにギュッと当ててしまいがちですが、脚の付け根に指1本が入るくらいの余裕は持たせましょう。

 

 

 

 

 布おむつを使う

 

 

布おむつは紙おむつと違い頻繁に変えなければいけません。

 

 

ただ、そのお蔭で股関節を圧迫しているおしめの圧力や位置を都度調節する事が出来るので、長時間股関節を歪ませて起こる脱臼のリスクを少なくすることが出来ます。

 

 

 

 

 出来るだけおんぶをする

 

 

おんぶをすると股関節が開き、骨盤にとってもいい状態に!

 

 

 

 

 できるだけ歩行器を使わないようにする

 

 

赤ちゃんはハイハイから始まり、一人で立つまでに自分の力で自分の体を支える力を付けていきます。

 

 

歩行器を使ってしまうと、この自然のバランスが崩れる恐れがあり、股関節の形成にも影響を与える事も!

 

 

ハイハイから立つまでの間に、自分の力で動く事で股関節に体重をかけ、それにより徐々に股関節が出来ていきます。

 

 

また、歩行器だとつま先立ちで歩く事が多くなり、このように蹴りながら歩くのは股関節にとっても好ましくないのでできるだけ歩行器の使用は避けるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

便秘・下痢
うんちが出ない、出てもかたい、下痢っぽいなどの症状に対する原因と対処法を紹介。
吐く
おっぱいやミルクを飲んだ後、離乳食を食べたあとに赤ちゃんが噴水のように吐いてしまう場合があります。
原因と対処法をお伝えします。
誤飲
おもちゃやティッシュ、風船やあめ玉など、何でも口に入れてしまう幼少期。
その予防策と対処法を見ていきましょう。
低体温
赤ちゃんの体が驚くほど冷たくなることがありますが、体温が下がると色々な病気にかかりやすくなります。
この低体温の原因と改善方法を見ていきましょう。
鼻水・鼻づまり
鼻水が出ていたり、鼻づまりが起きたりすると赤ちゃんはとっても苦しそう。
.原因を探り、それぞれの症状を改善していきましょう。
頭をぶつけた
程度の違いはあれど、これも殆どの赤ちゃんが出くわすアクシデントの
一つではないでしょうか。頭をぶつけた時の対処法と予防策を見ていきましょう。
口臭
歯がないor小さな歯が数本ある程度の可愛いお口の赤ちゃんですが、
口臭は一人前だったりしますよね。その可愛いお口にまとわりつく嫌~な口臭の原因を探り、 口臭解消・予防をしていきましょう。
受け口
下あごがでていたり、噛み合わせが悪いことから起こる受け口。
受け口のタイプと対処法について解説します。
抜け毛
髪がなかなか生えそろわない薄毛の赤ちゃん。
そんなベビーの抜け毛原因と対処法に迫ります。
動物・アレルギー
犬や猫を飼っているママもいるかと思いますが、赤ちゃんへの影響が少し気になりますよね。
動物を飼っているご家庭の注意点やアレルギーについて見ていきましょう。
向き癖
いつも同じ方を向を向いて寝ている赤ちゃんに起こりがちな向き癖。
下になっている方の頭に圧がかかり、頭が凹んだ様になってしまう事も。
ここでは向き癖の原因と対策に迫ります。
おむつかぶれ
大抵の赤ちゃんが経験するおむつかぶれ。
その原因とケア、予防法について見ていきます。
中耳炎
赤ちゃんに多い中耳炎の原因と対処法について見ていきましょう。
便秘
うんちの回数がめっきり減ってしまった等の便秘の悩みについて解説します。
原因と対処法を理解して、スッキリ毎日を過ごしましょう。
あせも
くびれに出来やすい「あせも」の原因と対策法をご紹介します。
耳掃除
小さくてかわいい赤ちゃんの耳掃除についてお伝えします。
ダニ
お肌にも健康にも優しくないダニから赤ちゃんを守る方法をご紹介。
げっぷ
赤ちゃんの吐き戻しや不快感を避けるための「げっぷの出し方」をご紹介。
喘息
近年、多くの赤ちゃんに見られる喘息の確認方法と自宅でのケアをご紹介します。
血尿
赤ちゃんの血尿について書いております。
あざ
赤ちゃんの体のあちこちに見られる赤や青などの様々なあざについて。
泣き声
元気な証拠である赤ちゃんの泣き声について書いています。
指しゃぶり
なかなか止めてくれない指しゃぶりの原因と対応について。
爪切り
小さくて可愛らしい赤ちゃんの爪のケア方法について書いています。
耳だれ
耳から垂れてくる黄色く臭い耳だれについてみていきましょう。
発熱
赤ちゃんの発熱の目安と症状、ホームケアについて。
歯磨
赤ちゃんの歯磨きの時期を成長段階と共に解説します。
寄り目・斜視
目の焦点が合ってない、黒目が内側に入り過ぎてるんじゃないか?
と心配になる斜視について
でべそ
ぽっとりと飛び出した形の「でべそ」について
しゃっくり
赤ちゃんのしゃっくりの原因と止める方法について