スニーカー通信

赤ちゃんの泣き声が気になるなら

泣き声のメッセージ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

赤ちゃん泣き声

 

 

「熱い~」「かゆい」「寒っ」「痛っ」「お腹減った~」私たちは何でも言えるし伝える事が出来ますよね?

 

 

でも、赤ちゃんが唯一できる事は泣くことだということを忘れてはいけません。

 

 

あー、うーの言葉でイイじゃないかと思いますが伝えたいことや度合いにも「度合い」があり、どうしても欲しい・必要になってくると泣きます。しかも大声で(笑)

 

 

大声で泣き、ママの注意を引いて満足して泣き止むときもあれば要求が違ったり、足りなかったりすると泣き続ける事だってあります。

 

 

また、機嫌が悪ければ泣く頻度と声のボリュームは尚更高くなります。でもそれは赤ちゃんからの大切なメッセージ。

 

 

えぇ~何?

 

なにが欲しいの??゚ヽ(゚Д゚;)ノ

 

 

と戸惑う事もあると思いますが、赤ちゃんからの大切な伝言を上手く受け止めていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんが泣いた時はどうする?

 

赤ちゃん泣き声

 

 

赤ちゃんの欲しいものを的確に察するのはなかなか難しいですよね。

 

 

でも、泣く度に(アレかな?)(こうかしら?)なんて色々試してみるとだんだんパターンが分かってきます。

 

 

泣きながら耳を触り始めたら眠いのかな?とか、顔が真っ赤だから熱いのかな?なんて推測しながら対処を変えていくと解決方法が見つかることが多いです。

 

 

また、何をやってもダメだ!という時もあると思いますので、そんな時はとにかく抱っこしてあげるのが一番!

 

 

赤ちゃんは抱っこされることで多少は落ち着きますし、ママは落ち着いた隙をみて別のサインを読み解くことも出来ます。

 

 

「泣いたらうるさいから無視しておけばいいよ」「放っておけばそのうち泣き止むさ」という意見もありますが本当にそうでしょうか?

 

 

泣く事は赤ちゃんに与えられた数少ないコミュニケーションの方法ですしここをスル―するのは赤ちゃんに対しても失礼とも言えます。

 

 

もし私たちが言葉を上手く話せず、「誰か助けて!」と伝えたい時泣く手段しかなかったら辛いですよね。

 

 

そして、泣いても叫んでも無視されたら、声を聞きいれてもらえなかったらやりきれないですよね。

 

 

また、泣く子に対して無視を繰り返していると、赤ちゃんは(伝えようとしても聞き入れてもらえないんだ・・)と学び、だんだん感情や気持ちを表さなくなってきます。

 

 

表向きは静かでいい子の様ですが、成長と共に無表情で気持ちを抑えるような子に育ってしまう事もあるのです。

 

 

スポンサードリンク

泣き声をポジティブに受け止めるために

 

赤ちゃんが泣きやまない時、泣いて泣いてどうしていいのか分からない時読むと心がホッとするのが乙武さんの「いたずらもみじ」です。

 

 

読んだ後、子供の泣き声を愛おしく感じるのは私だけでしょうか。

 

 

>>ミルクに安心して使える【フレシャスウォーター】
ミルク水

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

便秘・下痢
うんちが出ない、出てもかたい、下痢っぽいなどの症状に対する原因と対処法を紹介。
吐く
おっぱいやミルクを飲んだ後、離乳食を食べたあとに赤ちゃんが噴水のように吐いてしまう場合があります。
原因と対処法をお伝えします。
誤飲
おもちゃやティッシュ、風船やあめ玉など、何でも口に入れてしまう幼少期。
その予防策と対処法を見ていきましょう。
低体温
赤ちゃんの体が驚くほど冷たくなることがありますが、体温が下がると色々な病気にかかりやすくなります。
この低体温の原因と改善方法を見ていきましょう。
鼻水・鼻づまり
鼻水が出ていたり、鼻づまりが起きたりすると赤ちゃんはとっても苦しそう。
.原因を探り、それぞれの症状を改善していきましょう。
頭をぶつけた
程度の違いはあれど、これも殆どの赤ちゃんが出くわすアクシデントの
一つではないでしょうか。頭をぶつけた時の対処法と予防策を見ていきましょう。
口臭
歯がないor小さな歯が数本ある程度の可愛いお口の赤ちゃんですが、
口臭は一人前だったりしますよね。その可愛いお口にまとわりつく嫌~な口臭の原因を探り、 口臭解消・予防をしていきましょう。
受け口
下あごがでていたり、噛み合わせが悪いことから起こる受け口。
受け口のタイプと対処法について解説します。
抜け毛
髪がなかなか生えそろわない薄毛の赤ちゃん。
そんなベビーの抜け毛原因と対処法に迫ります。
動物・アレルギー
犬や猫を飼っているママもいるかと思いますが、赤ちゃんへの影響が少し気になりますよね。
動物を飼っているご家庭の注意点やアレルギーについて見ていきましょう。
向き癖
いつも同じ方を向を向いて寝ている赤ちゃんに起こりがちな向き癖。
下になっている方の頭に圧がかかり、頭が凹んだ様になってしまう事も。
ここでは向き癖の原因と対策に迫ります。
おむつかぶれ
大抵の赤ちゃんが経験するおむつかぶれ。
その原因とケア、予防法について見ていきます。
中耳炎
赤ちゃんに多い中耳炎の原因と対処法について見ていきましょう。
便秘
うんちの回数がめっきり減ってしまった等の便秘の悩みについて解説します。
原因と対処法を理解して、スッキリ毎日を過ごしましょう。
あせも
くびれに出来やすい「あせも」の原因と対策法をご紹介します。
耳掃除
小さくてかわいい赤ちゃんの耳掃除についてお伝えします。
股関節脱臼
赤ちゃんに多くみられる股関節脱臼。
原因と予防法はいかに?
ダニ
お肌にも健康にも優しくないダニから赤ちゃんを守る方法をご紹介。
げっぷ
赤ちゃんの吐き戻しや不快感を避けるための「げっぷの出し方」をご紹介。
喘息
近年、多くの赤ちゃんに見られる喘息の確認方法と自宅でのケアをご紹介します。
血尿
赤ちゃんの血尿について書いております。
あざ
赤ちゃんの体のあちこちに見られる赤や青などの様々なあざについて。
指しゃぶり
なかなか止めてくれない指しゃぶりの原因と対応について。
爪切り
小さくて可愛らしい赤ちゃんの爪のケア方法について書いています。
耳だれ
耳から垂れてくる黄色く臭い耳だれについてみていきましょう。
発熱
赤ちゃんの発熱の目安と症状、ホームケアについて。
歯磨
赤ちゃんの歯磨きの時期を成長段階と共に解説します。
寄り目・斜視
目の焦点が合ってない、黒目が内側に入り過ぎてるんじゃないか?
と心配になる斜視について
でべそ
ぽっとりと飛び出した形の「でべそ」について
しゃっくり
赤ちゃんのしゃっくりの原因と止める方法について