スニーカー通信

おむつかぶれを治したいなら

おむつかぶれってどんな状態のこと?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

赤ちゃんおむつかぶれ

 

 

おむつかぶれとは、オムツに覆われた部分に起こる炎症や皮膚炎のことを言います。

 

 

また、一般的にはお尻表面だけでなく、腰回りや脚の付け根、太もも等、おむつのギャザーが触れるところの炎症もおむつかぶれと見なされています。

 

 

赤ちゃんの皮膚は薄く、厚さはなんと大人の半分!!

 

 

その薄い皮膚がおむつに覆われると、すぐに蒸れて皮膚がふやけてしまうのです。

 

 

柔らかい皮膚は抵抗力が弱く、少しの摩擦にも傷つき赤くなったりブツブツが出来たりして、悪化するとただれたり薄っすら血がにじんでくることも!

 

 

その様な状態にうんちやおしっこなどに含まれる尿素や細菌、カビなどが刺激を与えて症状をさらに悪化させる場合もあります。

 

 

それ以外にもオムツ自体の繊維やゴムなどの刺激によってかぶれる場合もあります。

 

 

スポンサードリンク

おむつかぶれになってしまったら?

 

笑う赤ちゃん

 

 

お尻を拭く際は、ぬるま湯やベビーオイルをコットンやガーゼなどに浸し優しく抑えるようにして拭き取ってあげましょう。

 

 

またかぶれたお肌をケアする為にベビーパウダーやベビークリームを付けてあげると治りが早くなります。

 

 

ただ、かぶれの中にはカビが原因のかぶれもあり、この場合はふつうのおむつかぶれの治療では治りません。

 

 

これらを試してみても改善が見られない場合は一度病院で診察を受けましょう。

 

 

スポンサードリンク

おむつかぶれの予防法は?

 

笑う赤ちゃん

 

 

では次におむつかぶれを予防する方法についてみていきましょう。

 

 

1. おむつはこまめに取り換える

 

 

最近のおむつは、長時間付けていてもおしっこが漏れ出る事はなくつけっぱなしで放っておくことが多い様に思います。

 

 

でも私たちのナプキンと一緒で、いくら吸収力や通気性が良くても長時間変えないでいたらかぶれてしまいますよね?

 

 

そこにおしっこやうんちがついていたら、もちろんお肌には良くありません。

 

 

もちろん、赤ちゃんも同じです。

 

 

かぶれと衛生面を考えたら、やはりおむつはこまめに変えてあげるのが良いでしょう。

 

 

 

 

2. 拭きすぎないようにする

 

 

基本、おむつのキレイな部分で抑えて拭くので十分です。

 

 

特に、おしっこだけの時はチョンチョンっと軽く抑える程度にし、拭きすぎないようにしましょう。

 

 

 

 

3. コットンにぬるま湯を浸して洗い流す

 

 

うんちの回数が多い場合はコットンにぬるま湯を浸して洗い流しましょう。

 

 

面倒なようですがこれをするのとしないのでは大きな差が出ます。

 

 

 

 

4. よく乾かす

 

 

おしっこやうんちが出ては困ると急いで新しいおむつを当ててしまいがちですが、そこはグッと我慢してちゃんと乾くのを待ちましょう。

 

 

洗い流したら柔らかい布で押さえ拭きし、よく乾かしましょう。

 

 

 

 

5. 保湿をする

 

 

お肌が乾燥するとバリア機能が弱くなり、かぶれやすくなります。

 

 

ベビーローションやベビークリームを使って肌の機能を高めかぶれにくいお肌を作ってあげましょう。

 

 

面倒なようですが、お尻が気持ちよくなる事で機嫌や寝つきが良くなることもあるので是非やってみてください☆

 

 

スポンサードリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

便秘・下痢
うんちが出ない、出てもかたい、下痢っぽいなどの症状に対する原因と対処法を紹介。
吐く
おっぱいやミルクを飲んだ後、離乳食を食べたあとに赤ちゃんが噴水のように吐いてしまう場合があります。
原因と対処法をお伝えします。
誤飲
おもちゃやティッシュ、風船やあめ玉など、何でも口に入れてしまう幼少期。
その予防策と対処法を見ていきましょう。
低体温
赤ちゃんの体が驚くほど冷たくなることがありますが、体温が下がると色々な病気にかかりやすくなります。
この低体温の原因と改善方法を見ていきましょう。
鼻水・鼻づまり
鼻水が出ていたり、鼻づまりが起きたりすると赤ちゃんはとっても苦しそう。
.原因を探り、それぞれの症状を改善していきましょう。
頭をぶつけた
程度の違いはあれど、これも殆どの赤ちゃんが出くわすアクシデントの
一つではないでしょうか。頭をぶつけた時の対処法と予防策を見ていきましょう。
口臭
歯がないor小さな歯が数本ある程度の可愛いお口の赤ちゃんですが、
口臭は一人前だったりしますよね。その可愛いお口にまとわりつく嫌~な口臭の原因を探り、 口臭解消・予防をしていきましょう。
受け口
下あごがでていたり、噛み合わせが悪いことから起こる受け口。
受け口のタイプと対処法について解説します。
抜け毛
髪がなかなか生えそろわない薄毛の赤ちゃん。
そんなベビーの抜け毛原因と対処法に迫ります。
動物・アレルギー
犬や猫を飼っているママもいるかと思いますが、赤ちゃんへの影響が少し気になりますよね。
動物を飼っているご家庭の注意点やアレルギーについて見ていきましょう。
向き癖
いつも同じ方を向を向いて寝ている赤ちゃんに起こりがちな向き癖。
下になっている方の頭に圧がかかり、頭が凹んだ様になってしまう事も。
ここでは向き癖の原因と対策に迫ります。
中耳炎
赤ちゃんに多い中耳炎の原因と対処法について見ていきましょう。
便秘
うんちの回数がめっきり減ってしまった等の便秘の悩みについて解説します。
原因と対処法を理解して、スッキリ毎日を過ごしましょう。
あせも
くびれに出来やすい「あせも」の原因と対策法をご紹介します。
耳掃除
小さくてかわいい赤ちゃんの耳掃除についてお伝えします。
股関節脱臼
赤ちゃんに多くみられる股関節脱臼。
原因と予防法はいかに?
ダニ
お肌にも健康にも優しくないダニから赤ちゃんを守る方法をご紹介。
げっぷ
赤ちゃんの吐き戻しや不快感を避けるための「げっぷの出し方」をご紹介。
喘息
近年、多くの赤ちゃんに見られる喘息の確認方法と自宅でのケアをご紹介します。
血尿
赤ちゃんの血尿について書いております。
あざ
赤ちゃんの体のあちこちに見られる赤や青などの様々なあざについて。
泣き声
元気な証拠である赤ちゃんの泣き声について書いています。
指しゃぶり
なかなか止めてくれない指しゃぶりの原因と対応について。
爪切り
小さくて可愛らしい赤ちゃんの爪のケア方法について書いています。
耳だれ
耳から垂れてくる黄色く臭い耳だれについてみていきましょう。
発熱
赤ちゃんの発熱の目安と症状、ホームケアについて。
歯磨
赤ちゃんの歯磨きの時期を成長段階と共に解説します。
寄り目・斜視
目の焦点が合ってない、黒目が内側に入り過ぎてるんじゃないか?
と心配になる斜視について
でべそ
ぽっとりと飛び出した形の「でべそ」について
しゃっくり
赤ちゃんのしゃっくりの原因と止める方法について