スニーカー通信

赤ちゃんの体が冷たいなら

低体温の原因は?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

赤ちゃん低体温

 

 

愛しい赤ちゃんの手足を握ったら、ちゃんと血が通ってる?!と心配になるくらい冷たいことってありますよね。

 

 

平熱が36.7~38度位と高い赤ちゃんですが、赤ちゃんの体温が37度を下ったら低体温と考ええてよいでしょう。

 

 

赤ちゃんにとっても冷えは大敵、万病のもと!

 

 

まずは原因を理解して、少しづつ改善していきましょう。

 

 

スポンサードリンク

低体温の原因と影響について

 

 

笑う赤ちゃん

 

 

赤ちゃんは大人に比べると体自体は小さいものの、髪がなく地肌がむきだしなどの状態から、表に出ている面積が大きいと言えます。

 

 

それに加え皮下脂肪が少ないので、お肌の表面から熱が逃げやすいのです。

 

 

また体の大きさに対するおっぱいや食べ物の摂取量も多く、動く量も多いので熱がどんどん外に出て行ってしまう事も理由の一つとして挙げられます。

 

 

では、なぜ赤ちゃんの低体温が問題なのでしょうか?

 

 

それは、低体温になると、酸素の消費量が自然と増えて体力を消耗してしまい元気がなくなってしまう事があるからです。

 

 

元気がなくなるとおっぱいが飲めない、離乳食を食べる事ができないなどの問題が出てきますし悪化すると意識がなくなったり、痙攣を起こしたりする場合もあるので注意が必要になります。

 

 

スポンサードリンク

低体温の予防と改善

 

笑う赤ちゃん

 

 

では、低体温を防ぐ為にどうしたら良いのでしょうか?

 

 

日常生活では次の3つに気をつけて過ごすようにしましょう。

 

 

 

 

【体温の記録】

 

まず、低体温を予防するために日頃から体温を記録しておくことが良いでしょう。

 

この時、出来れば気温や湿度、赤ちゃんの機嫌なども記録しておくと、赤ちゃんの平熱やベストな気温や湿度が見えてくるようになります。

 

 

 

 

【温度と湿度調節】

 

一般的には赤ちゃんに最適な気温は夏は26~28℃、冬は20~23℃、湿度は40~60%と言われています。

 

この気温を参考にしつつ「自分の赤ちゃんにとってベスト」な環境を作ってみて下さい。

 

 

 

 

【肌着・洋服・布団の調節】

 

赤ちゃんはとっても汗っかきなのですが、この汗を長時間放っておくと、肌着に付いた汗が冷えて体を冷やしてしまいます。

 

 

また、汗が蒸発するときにも熱を奪ってしまいます。

 

 

これらの事を避けるために、こまめに肌着を交換してあげて低体温を防ぎましょう。

 

 

さらに、低体温を避けるために服をいっぱい着せればよいのかというとそういう訳でもなく、厚着や着せすぎは温度感覚を鈍らせてしまうのでご注意を!

 

 

薄すぎず厚すぎず丁度いい量の衣服を身に着け、室温で体温をコントロールしてあげるのがベストです。

 

 

ちなみに、赤ちゃんに最適な環境を作る為に湿度器も利用してあげると温度調整がしやすくなります。

 

 

空気が乾燥すると風邪を引きやすくなったりウィルス性の病気にかかりやすくなるので、日頃の健康管理と合わせて温度と湿度を上手く調整していきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

便秘・下痢
うんちが出ない、出てもかたい、下痢っぽいなどの症状に対する原因と対処法を紹介。
吐く
おっぱいやミルクを飲んだ後、離乳食を食べたあとに赤ちゃんが噴水のように吐いてしまう場合があります。
原因と対処法をお伝えします。
誤飲
おもちゃやティッシュ、風船やあめ玉など、何でも口に入れてしまう幼少期。
その予防策と対処法を見ていきましょう。
鼻水・鼻づまり
鼻水が出ていたり、鼻づまりが起きたりすると赤ちゃんはとっても苦しそう。
.原因を探り、それぞれの症状を改善していきましょう。
頭をぶつけた
程度の違いはあれど、これも殆どの赤ちゃんが出くわすアクシデントの
一つではないでしょうか。頭をぶつけた時の対処法と予防策を見ていきましょう。
口臭
歯がないor小さな歯が数本ある程度の可愛いお口の赤ちゃんですが、
口臭は一人前だったりしますよね。その可愛いお口にまとわりつく嫌~な口臭の原因を探り、 口臭解消・予防をしていきましょう。
受け口
下あごがでていたり、噛み合わせが悪いことから起こる受け口。
受け口のタイプと対処法について解説します。
抜け毛
髪がなかなか生えそろわない薄毛の赤ちゃん。
そんなベビーの抜け毛原因と対処法に迫ります。
動物・アレルギー
犬や猫を飼っているママもいるかと思いますが、赤ちゃんへの影響が少し気になりますよね。
動物を飼っているご家庭の注意点やアレルギーについて見ていきましょう。
向き癖
いつも同じ方を向を向いて寝ている赤ちゃんに起こりがちな向き癖。
下になっている方の頭に圧がかかり、頭が凹んだ様になってしまう事も。
ここでは向き癖の原因と対策に迫ります。
おむつかぶれ
大抵の赤ちゃんが経験するおむつかぶれ。
その原因とケア、予防法について見ていきます。
中耳炎
赤ちゃんに多い中耳炎の原因と対処法について見ていきましょう。
便秘
うんちの回数がめっきり減ってしまった等の便秘の悩みについて解説します。
原因と対処法を理解して、スッキリ毎日を過ごしましょう。
あせも
くびれに出来やすい「あせも」の原因と対策法をご紹介します。
耳掃除
小さくてかわいい赤ちゃんの耳掃除についてお伝えします。
股関節脱臼
赤ちゃんに多くみられる股関節脱臼。
原因と予防法はいかに?
ダニ
お肌にも健康にも優しくないダニから赤ちゃんを守る方法をご紹介。
げっぷ
赤ちゃんの吐き戻しや不快感を避けるための「げっぷの出し方」をご紹介。
喘息
近年、多くの赤ちゃんに見られる喘息の確認方法と自宅でのケアをご紹介します。
血尿
赤ちゃんの血尿について書いております。
あざ
赤ちゃんの体のあちこちに見られる赤や青などの様々なあざについて。
泣き声
元気な証拠である赤ちゃんの泣き声について書いています。
指しゃぶり
なかなか止めてくれない指しゃぶりの原因と対応について。
爪切り
小さくて可愛らしい赤ちゃんの爪のケア方法について書いています。
耳だれ
耳から垂れてくる黄色く臭い耳だれについてみていきましょう。
発熱
赤ちゃんの発熱の目安と症状、ホームケアについて。
歯磨
赤ちゃんの歯磨きの時期を成長段階と共に解説します。
寄り目・斜視
目の焦点が合ってない、黒目が内側に入り過ぎてるんじゃないか?
と心配になる斜視について
でべそ
ぽっとりと飛び出した形の「でべそ」について
しゃっくり
赤ちゃんのしゃっくりの原因と止める方法について